新橋★手芸部

小さなものをちまちまと、ほぼソックニッター日記です。

チルデンプル&Pomatomus Finished!

先日、michiyoさんデザインのプルオーバーが完成しました。



20180430205618e08.jpeg

たくさん着たいのでコットン糸で編んであります。
使用糸はピエロさんのコットンニートS。
私の定番になりつつあります。
DK位の太さが実に使いやすい!
さらっとした手触りもとても気に入っています。



20180430205538334.jpeg

クラシックなチルデンニット。
ごくごく正統派なものが自分には似合います。(自分で言うのもナンですが)
ボーダーのピッチ、位置はアレンジしてあります。
michiyoさんオリジナルのデザインはすごくかわいいのですが、今回はベーシックな感じにしてみました。

少し襟を後ろに下げて着るときまります。
シルエットにモードな香りが漂うのは、さすがmichiyoさんです。
(着てナンボは後日ひっそりとあげときます笑)



20180430205559dec.jpeg

さてさて…
もういわずもがな、トップダウン&シームレスがうりのこのパターン。
襟から編み始め、ぐるっと往復で編み、目を拾いながらVの形を作っていきます。
これを日本の編み図で表現するのには少々限界があるような気がしました(^^;
目でパターンを追うのがすごく大変だし、紙もものすごく大きい!まずニットアウトは無理でしょう。

では、そもそもトップダウン&シームレスの良さとはなんだろう?個人的な考えですが…
・面倒なとじはぎをしなくても形良く完成させられる
・ウエア初心者でもチャレンジしやすい
・比較的易しく編みすすめられる
というユニバーサルなところなのではないでしょうか?
数年前にRで爆発的にトップダウン&シームレスが流行したのもそういう理由かなと思っています。

michiyoさんは最近英文のパターンもたくさんリリースされていらっしゃいます。
おそらくこちらの方が、様々な縛りがなく活き活きとされているのではないでしょうか。
まあ、これは完全に私の妄想かもしれませんが…(笑)
英語由来の技法を日本語で表現する難しさなど、今回も色々と考えさせられるパターンでした。



さてお次はこちら

私の永遠のパターンPomatomusです。

201804302056473cd.jpeg

10年以上前、この靴下に衝撃を受け棒針編みを始め、ソックニッターになったという経緯があります。
特別思い入れの深いパターンです。



20180430205709616.jpeg

デザイナーのCookie Aさんに敬意を表し、今回はパターン通りに編みました。


2018043020572327c.jpeg

どこを切り取っても美しい編み進め方、デザイン。


20180430205736b47.jpeg

この靴下は2足目ですが、難なく編めるようになった自分を少し褒めてあげたいです(笑)
当時編み物用語も分からず(日本、英文ともに)四苦八苦して編んでいたのを懐かしく思い出しました。
コレです→



夏用のウエアが欲しくてまた始めてます。
今度は総レース!楽しいです。


20180430205751485.jpeg

関連記事
Category : Knit
Posted by ほへと千鳥 on  | 4 comments  0 trackback

モバイル編み靴下2足

新学期が始まりホッとしています。
春休み中は、ほぼ毎日のようにケガをした次男の付き添いで病院へ。
またここの病院は待ち時間が長いこと!
というわけで、靴下編みがずいぶんと捗りました(^^;
少々複雑な心境ですが…。
とりあえず2足!



201804121209433e4.jpeg

左:REGIAとWATGのコラボ糸、スイートな色味が可愛すぎ!
右:グリーン系がカッコ良いSuper Soxx。白地ベースがポイント高し!



20180412120835f90.jpeg

記録のために一足ずつ。
とにかくこの糸はテンション重視!
柄がキレイに出るようかなり気をつかいましたが、最初に編んだ右のほうは少し流れてますね(^^;
前回詳しく糸のレポートをしています。よろしかったらご覧下さい



20180412120858c41.jpeg

作り目に白い部分を使うのがカワイイです。



20180412120921ae6.jpeg

ヒールは後で編み足すAfter thought Heelというやつです。
この糸の場合はこれが一番無難な気がします。
この靴下の行き先は未定ですが、自分で履いても良いかも…ふふふ。
可愛すぎる靴下をあえて、というのも???笑

20180412120658e4d.jpeg

お次は長男用。
短めの靴下が欲しいというリクエストに応えました。
長男のお気に入りカーキ系のパンツにも合わせやすそうです。



201804121208157cb.jpeg

いつもの編み方で今回もToe Upです。
そろそろ同じ編み方に飽きてきたので、今はTop Downのものを編んでいます。
そうなのです、病院通いはもうしばらく続きそうです…。

次男のケガはおかげさまでだいぶ回復してきました。
心温まるメッセージを下さった方々ありがとうございました(^^)/




明日の4/13、このブログを始めて13年目に突入します。
色々と紆余曲折ありましたが、マイペースで続けてきました。
ブログはすたれ、より刹那的なSNSが全盛の昨今ですが、
自分にはちまちまと記録をとるブログというスタイルがとても性に合っているようです。
これからもまだまだ続けていくつもりです。
こんなブログでも見に来てくださる方々がいることに感謝いたします。
ありがとうございます(^^)
今後も楽しんでいきたいと思っています。
お付き合いいただけますととても嬉しく思います。

ほへと千鳥



関連記事
Category : 靴下編み
Posted by ほへと千鳥 on  | 6 comments  0 trackback

michiyoさんデザインのアランプル完成!!

ここ数日気温が上がり、関東でも春らしい日が続いております。
先日やっとmichiyoさんデザインのアランプルを編み終わりました。
もう完全に季節外れなので、来シーズン着られることを楽しみにしています。
着てナンボはそのうちこっそりアップします。



何と言ってもこのパターンの醍醐味は、トップダウンでいっぺんに編み始めること!

2018033012224909f.jpeg

柄の配置が絶妙です。
michiyoさんのデザインはおしゃれに仕上がるのが良いですね。
アランなのにすっきり見えます!


201803301222336c1.jpeg

肩のラインはこんな感じでケーブルになっています。
最初は編み図を見ながら四苦八苦していましたが、段々慣れてきました。
それでもまたあの編み図を見ながら編む勇気?はありません(笑)


2018033012221490c.jpeg

編み始めは別糸を使ったTubular Cast Onで。
この方が伸縮性があり、かつ美しく見えるかなあ…と。


20180330122153223.jpeg

両袖、ボディの編み終わりはすべてゴム編み止めで。


201803301221293a2.jpeg

袖の減らし目。
ボディには減らし目がないのですが、絶妙な伸縮加減で着た時寸胴に見えません。
これはアラン全般に言えることなのかもしれませんね。
前回編んだものもケーブルがしっとりと体に沿うのです。
”暖かくて動きやすい”
それが海の男たちに長く愛された所以なのかもしれませんね。
編んでみて着てみて分かったことが沢山ありました。


お次は靴下。柄だけ参考にさせてもらって、編み進め方はオリジナルです。


201803301135123ec.jpeg

これは知人へお渡しする予定です。
なんとなく彼女のイメージで糸を選びました。


20180330113446d04.jpeg

編み方はいつもとほとんど同じです。
つま先から始まり、


20180330113432125.jpeg

HeelはEofP。


20180330113418dbd.jpeg

チャームはハート。
これから暖かくなってきますが、意外と真夏のオフィスは冷えるもの。
活躍することを願って(^^)


関連記事
Category : Knit
Posted by ほへと千鳥 on  | 2 comments  0 trackback

春らしい靴下2足

頼まれていた靴下を2足編みました。
一緒に撮ると、なにやら春らしく華やかに見えますね。


20180318100655474.jpeg

だいたい、いつもこんな感じで紙のラベルを作ります。
お洗濯の注意点などの記述もあります。
お堅いことではなく裏返してネットに入れるとよいよ、とかそんな感じのことです。
この後ラッピングして渡します。
ちなみに別写真をインスタにもあげてます。
誰も分からないと思うので自分で言いますが(笑)、なるべくブログ写真と被らないようにしています。
よろしかったらフォローしてみてください(^^)@snoozeecow



20180318100433809.jpeg

では、記録がてら一足ずつ。

個人的には、こういうマルチカラーの糸の場合パターンはシンプルが鉄則です。
その点このTea Timeはまさに理想!
難しいパターンではないので、くつろいでお茶を飲みながら編めますね。
糸はHedgehog Fibres Sock。Clubの限定カラーです。
よりが甘くケーブルなどが編みにくい糸ではあるのですが、かわいいのでよしとします。



20180318100511f2b.jpeg

オリジナルはCuff Downですが、自分はToe Upで編んでます。



20180318100549fd2.jpeg

Heelもいつも通りEofP。



20180318100610052.jpeg

チャームはドロップ型。
自分は履いた時ケーブルが左右にくるパターンが好きなようです。
よくみると一応模様がありますよ、というさりげない感じが良いのです。



20180318100147c6a.jpeg

こちらはCookie AさんのSock Clubで配布された糸とパターンのセットを使用しました。

2011年のClubの靴下を一足も編んでいない!!ということに今更気づいたのです。



20180318100222683.jpeg

CookieさんのパターンはCuff Downが多いのですが、これもそうです。
なので自分はToe Upで編んでます。



20180318100251e12.jpeg

Heelなど編み方はいつもと同じです。



201803181003478f8.jpeg

小さなベリーのようなパターンが可愛らしいです。
レースが伸縮するので、履きやすさは抜群だと思います。
この糸はLorna's Laces Solemate。
Outlastが配合されていて高機能!暑い時は涼しく、寒い時は暖かく。
自分用の靴下にも欲しいです。
上の糸よりも太さがあり、しっかりしている印象。
登山などアウトドアにも良さそうですね。

さて、小物が終わったのでアランプルを仕上げたいところです。
コットン糸でウエアも編みたいと思い糸も買ってあるのですが、また靴下熱がたかまってきてしまった!

関連記事
Category : 靴下編み
Posted by ほへと千鳥 on  | 0 comments  0 trackback

アランプルオーバー進捗と気ままにSock KAL

トップダウンで一気に編めてしまう、michiyoさんデザインのアランプル。
ニッターなら一度はチャレンジしてみたくなるパターンではないでしょうか。
私もご多分に洩れずのひとり、あまりの面白さにギラギラして編んでいます(笑)



20180306144340ee9.jpeg

この頃は、袖を休ませてボディに入ったところ。
写真だと糸が白っぽく見えますが、実際はもう少し濃い色です。



20180306144434ac4.jpeg

これが現在。
袖さえ編めば完成なのですが、ここ数日の暖かさでふと我に返り、
頼まれていた靴下を優先させることにしました。
受け取った方が『もう暑いから履けない』というのではもったいない!
1日でも早く手編み靴下の素晴らしさを堪能してもらわねば!
…ということで(笑)、プルは中断中。
いずれにせよ実際に着られるのは来シーズン。
慌てずいこう。



20180306152010b71.jpeg

さて、頼まれた靴下は2足。
それぞれサイズが違い、履かれる方の個性も違います。
自分の考えたイメージで糸の色を決めました。
仲良しなので、二人ともパープル系で。



20180306144523cd6.jpeg

一足は早速試し編み。
こちらの糸はHedgehog FibresさんのVenus。
Clubの限定色です。
たくさんの色が入っているので、編み地はシンプルに。
もう一足はレースでいく予定です。


久々の文具通信♪
もう3月!あっという間に年度末!!早いものです。

20180306144415717.jpeg

今年も無印の手帳を更新しました。
ペンも定番のお気に入りを使いまわし、表紙にはソックニッタースタンプを押して。



20180306144400724.jpeg

裏はその時々の気まぐれで毛糸ラベルなどを貼り付けて遊んでいます(笑)
今年は右の不気味な(?)イラストが大好物なFortissima Sockaのラベル。
以前ブログでも話題にした、効力が沢山あるセイヨウトチノキの実です。

それにしても今年の無印手帳。
紙質がいつもと違い、色が白く薄いです。
書き心地にも若干の差があります。
万年筆で書いてもにじまないのは良いのですが、あのクリームがかった色が好きだったな。
少々残念な気がします。

関連記事
Category : Knit
Posted by ほへと千鳥 on  | 0 comments  0 trackback

Kinda Magic Socks 2足!

20180222114449819.jpeg

カワイイ靴下が2足出来ました!
先日WOOL AND THE GANGさんで購入したREGIAコラボ糸を
早速使ってみました。

さてさて、今回は糸について言いたいことが(珍しく)沢山あるのですが
いざPCに向かったら面倒になってきてしまった…。
いやいや!ここは忘備録も兼ねきちんと書いておきましょう。

この糸、とってもかわいいのですが、実はかなり制約があります。
その1 テンション厳守!
一応公式では10cmで30sts/42rowとあります。



201802221144216b9.jpeg

こちらはFeline Good Green。
紫がかった青とミントグリーンの組み合わせ。
こちらは2.5mm針、ゲージ10cm=30sts/42row。
ゲージは公式通り。でもなんだかレオパード柄がイマイチ…??



201802221145145a8.jpeg

そしてPink Paw。
オレンジよりのピンク、薄いピンク、水色の組み合わせ。
とても甘い感じですが、大人がさりげなく履いていたらカッコイイ!
こちらはJPN1(2.4mm)針でゲージ10cm=32sts/43row。
ゲージは少々小さめだけど柄がきれいに出ました。



20180222114540dfc.jpeg

重ねてみるとFeline Good Greenのほうが若干大きいのがお分かり頂けると思います。
最初にFeline Good Greenを編んだので、ひたすらゲージが狂わないことだけに集中し、
柄が出ていないことに無頓着すぎました。
糸に添付されている冊子やREGIAのサイトには、
柄が右に流れていたら手がゆるい、左に流れていたら手がきついので、
針で調整しましょう、というようなことがきちんと書いてありました。
むしろ、ゲージより柄がきちんと出るよう編むことに集中したほうがよさそうです。



201802221209496a8.jpeg

その2 糸のロスが多い!
今回の編み進め方はTop Down。
Foot部分を編んでいくと、やけに中途半端なところでソリッドカラーが出てきます。
自分の場合はこれを切り、柄色をつなぎました。
だいたいFootはともに50段くらい。



20180222123131985.jpeg

その後、Heel部分に別糸を編み込んでおき、(この写真の黄色い部分がそれです)
Leg部分を柄がなくなるまで編みます。
これもだいたい50段。



20180222114646be4.jpeg

この後は糸のなすまま?につま先を編んでいきます。
その後は別糸のところに針を通した後、糸をほどきHeelを編んでいきます。



20180222114625d4c.jpeg

こんな感じになりました。
それぞれだいたい58gくらいの仕上がりです。

自分の場合『なるべく糸を切らずに編む』ことに執着していますので、
今回は糸を切ることが多く、なんだかとても辛かったです(笑)
後始末も面倒ですしね。
使い方に困るような残り方もイマイチな感じです(^^;

…と色々書きましたが、仕上がりに関しては満足しています。
相変わらずのREGIAクオリティー、編みやすさ、テクスチャーの良さは抜群です。
なんだかんだと個人的には靴下糸はREGIAが一番だと思っているのですよ。
総合的に考えると、ですが。
ただ、今後Pairfectには手を出すことはないかな…(^^;

しかし、履くぶんには関係のないこと!
なにしろこのカワイさには抗えません!

20180222114604c5f.jpeg

チャームもそれぞれイメージの違うものに。



20180222114706a86.jpeg

この後、ラッピングして差し上げる予定です。
自分用にも欲しい〜!



201802221147260c7.jpeg

とりあえず、靴下祭りはひと段落。
ゲージはなんとかなりそうなので、編みたかったmichiyoさんのアランプルに入ります!
アランでトップダウン!michiyoさんてスゴい!
編み図がすごいことになってますが、頑張ってチャレンジします(^^)/


関連記事
Category : 靴下編み
Posted by ほへと千鳥 on  | 0 comments  0 trackback

Caradon Hill Jumper Finished!

少し前のウエア熱が高まっている時に勢いで編んだプルが出来ています。
すでに愛用中であります(^^)




20180210104855ebb.jpeg

知人にお披露目したところ、『いつも細かいの編まれますよね!』と
とても感心され褒めて頂けました。
あまりそういうことがないので、照れるけど嬉しいものです(^^)



20180210104411290.jpeg

写真が暗いような気がしますが、実際は明るめの紺色です。
コットン糸を使用しているので、真夏以外は着られるかな?と思っています。



201802101043556e2.jpeg

このパターンは胴体の増減はなく、別に編んであった袖と一緒にし、
二の腕辺りから肩に沿って目を減らしていきます。
襟はW&Tでカーブを作ります。
一見難しいように見えましたが、とても編みやすいパターンでした。
模様も全て同じ段ごとの操作ですし(^_-)



20180210104343dd3.jpeg

作り目はTubular Cast Onとのことでしたが、
コットン糸だとハリがなく、キレイに見えなかったので
あえてGerman Twisted Cast Onにしてあります。
BOもキレイにするのに苦労しました。
コットンや麻などの夏糸はゴム編みどめより、かぎ針でとじるほうがキレイに見えるかもしれません。



20180210104330099.jpeg

後ろのニットはそんなに良いものでは無いのですが、
お気に入りのコットンニットです。
かなりくたびれてきたので、今回自分で新たに編んでみたのですが
紺色と一口にいっても色が随分違いますね。
こう言った黒に近い紺色の糸って中々無いような気がします。
やはり市販のアパレルって色が素敵…。

とはいえ手編みの着心地は他に代え難いものがあります。
サイズもぴったりで、かなり活躍しそうな予感。



~おまけの着てナンボ~
20180221112538b9e.jpeg

先日伺った栃木の美味しいお蕎麦屋さんにて。(着てます)
久しぶりの家族全員揃ってのお出かけでした。




関連記事
Category : Knit
Posted by ほへと千鳥 on  | 0 comments  0 trackback