新橋★手芸部

小さなものをちまちまと、ほぼソックニッター日記です。

チルデンプル&Pomatomus Finished!

先日、michiyoさんデザインのプルオーバーが完成しました。



20180430205618e08.jpeg

たくさん着たいのでコットン糸で編んであります。
使用糸はピエロさんのコットンニートS。
私の定番になりつつあります。
DK位の太さが実に使いやすい!
さらっとした手触りもとても気に入っています。



20180430205538334.jpeg

クラシックなチルデンニット。
ごくごく正統派なものが自分には似合います。(自分で言うのもナンですが)
ボーダーのピッチ、位置はアレンジしてあります。
michiyoさんオリジナルのデザインはすごくかわいいのですが、今回はベーシックな感じにしてみました。

少し襟を後ろに下げて着るときまります。
シルエットにモードな香りが漂うのは、さすがmichiyoさんです。
(着てナンボは後日ひっそりとあげときます笑)



20180430205559dec.jpeg

さてさて…
もういわずもがな、トップダウン&シームレスがうりのこのパターン。
襟から編み始め、ぐるっと往復で編み、目を拾いながらVの形を作っていきます。
これを日本の編み図で表現するのには少々限界があるような気がしました(^^;
目でパターンを追うのがすごく大変だし、紙もものすごく大きい!まずニットアウトは無理でしょう。

では、そもそもトップダウン&シームレスの良さとはなんだろう?個人的な考えですが…
・面倒なとじはぎをしなくても形良く完成させられる
・ウエア初心者でもチャレンジしやすい
・比較的易しく編みすすめられる
というユニバーサルなところなのではないでしょうか?
数年前にRで爆発的にトップダウン&シームレスが流行したのもそういう理由かなと思っています。

michiyoさんは最近英文のパターンもたくさんリリースされていらっしゃいます。
おそらくこちらの方が、様々な縛りがなく活き活きとされているのではないでしょうか。
まあ、これは完全に私の妄想かもしれませんが…(笑)
英語由来の技法を日本語で表現する難しさなど、今回も色々と考えさせられるパターンでした。
追記:着画追加しました。(‘18/6/5)




さすがに暑い!



さてお次はこちら

私の永遠のパターンPomatomusです。

201804302056473cd.jpeg

10年以上前、この靴下に衝撃を受け棒針編みを始め、ソックニッターになったという経緯があります。
特別思い入れの深いパターンです。



20180430205709616.jpeg

デザイナーのCookie Aさんに敬意を表し、今回はパターン通りに編みました。


2018043020572327c.jpeg

どこを切り取っても美しい編み進め方、デザイン。


20180430205736b47.jpeg

この靴下は2足目ですが、難なく編めるようになった自分を少し褒めてあげたいです(笑)
当時編み物用語も分からず(日本、英文ともに)四苦八苦して編んでいたのを懐かしく思い出しました。
コレです→



夏用のウエアが欲しくてまた始めてます。
今度は総レース!楽しいです。


20180430205751485.jpeg

関連記事
Category : Knit
Posted by ほへと千鳥 on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。