新橋★手芸部

小さなものをちまちまと、ほぼソックニッター日記です。

久々の嶋田本ブックレビュー



『手編み』と聞いて思い浮かべるものはなんでしょうか?
もちろん人それぞれ、十人十色でしょう。
グラニースクエアだったり、お母さんが編んでくれたベビードレスだったり、レースのドイリーだったり…
おそらく共通するのは暖かなイメージ、優しいイメージなのではないかと思います。
今回レビューする本の世界はそのイメージとは正反対にあるものかもしれません。

嶋田さんの作品は完成度が高く、かといって機械編みとは違う独特の雰囲気を醸し出しています。
特に図案のはめ込み方は完璧で、手を加えることは不可能とすら思えます。

他のデザイナーさんなどと違い、嶋田さんの経歴もまたユニークで元々は音楽家。
なぜ音楽から編み物へ?という疑問はさておき、
この経歴は彼の作品を理解する上で非常に重要なファクターではないかと思うのです。

嶋田さんはクラッシック音楽の世界で活躍していた人です。
音楽の父バッハは、自身の人生を音楽を通して神に捧げ、神性を具現化する為にひたすら至高を目指していたとも言えます。
神に近づく行為というのは、古今東西完璧さが求められる世界。
(一概には言えませんが)音楽だったら一音たりとも外してはいけないし、改変など許されない厳格な世界です。
うむ。個人的ではありますが、まさに嶋田さんのニット作品とイメージが重なるではないですか?

突然ですが、自分はHR/HM好き。ロックとはそういった枠から外れたところにあるもの。
その厳格な正確さが正直窮屈に感じることがあるものの、その作品世界には抗うことのできない魅力があります。

今回の本は作品を編む上でのプロセスやコツなどが書かれていて、まさに聖書のごとく?私を導いてくれます。
小さな字でぎっしりと書いてありますが、臆せずじっくりと読むことをオススメします。
嶋田さんの思いが本の中に溢れかえっていますよ。
(自分はその毒気とも言えるような濃ゆい熱気?にあてられ、動悸、息切れ、眩暈がしましたがw)
多くの人のバイブルになり得る本だと思います。

fullsizeoutput_1f.jpeg

自分はスロッテルというコフタのカーディガンに一目惚れ!
絶対欲しい!と思い、ゲージを見るとかなりのキツめ。

シェットランドの糸に関していうなら、使っているうちに徐々に目が締まり密になるエイジングもまた魅力の一つ。
最初からカチカチに編むとカーペットみたいになっちゃうよ!と思うのは老婆心かな?(^^;
個人的には、毛糸全般ふんわりと編んで空気を含むように仕上げたほうが暖かいと思いますし、
そういう風に仕上げるのが目標です。
(ただし靴下は例外!)

色々書きましたが、嶋田さんの本を買うのが久しぶり。
これはかなり好きな仕上がりです。
とりあえずスロッテル、ゲージ悩むなあ(^^;

関連記事
Category : 編み物本
Tag : 編み物本
Posted by ほへと千鳥 on  | 2 comments 

Mioness進捗その1などなど

今秋には絶対着たい!とJamiesonsのサイトで一目惚れしたMioness Cardigan。
実はフェアアイルでカーディガンを編むのは初だったりします。
前たてが面倒ということもあるのですが、着る上でプルオーバーの方が断然好きなので、このチョイスは我ながら珍しいです。



fullsizeoutput_12a.jpeg

↑これから


fullsizeoutput_130.jpeg

現在は見頃がそろそろ終わり、脇の下の休み目に入れそうなところまで進みました。

こちらは紫系糸のバリエーションで柄を作っているのがポイント!
紫好きの私には堪らない色使いのパターンです。
この後も楽しく編んでいけそうです。

ただしこちらのパターン、日本の編み図みたいに親切な減らし目の図などがなくとても簡素です。
Rで同じくMionessを編んでいる方から”袖のパターンがないけど、あなたのは?”なんてメッセージをいただきました。

フェアアイルというと日本では神格化までされてる?なんて気がしますが、基本はメリヤスなので初心者の方でも気軽に挑戦できると思います。そんなに難しくはないです!
自分は高橋亜子先生のブログのおかげでかなり気が楽になりました。
やはり嶋田先生で入ると一気に敷居が上がりますよね(^^;
(嶋田先生の本も迷った末購入したのでそのうちレビューでも書きたいなと思っています。)

あとはいつも通り完成品をば。


姉ファミリー行きです。
姉に似合いそうなこっくりとしたマスタードをコントラストカラーに使いました。

fullsizeoutput_124.jpeg
fullsizeoutput_125.jpeg
fullsizeoutput_126.jpeg
fullsizeoutput_127.jpeg



こちらも姉ファミリー行き。


これを編むのは9つ目です。
編むのは楽しいし、使い勝手は良いしで大人気です。

fullsizeoutput_128.jpeg
fullsizeoutput_129.jpeg
fullsizeoutput_12b.jpeg

糸はVintage Purlsのソックヤーン、色はエドガーアランポーです。
紺と紫の染めむらが結構あってミステリアスないい感じです。
糸質はソックヤーンなので極上とは言いませんが、何しろお洗濯しやすい!これ重要です。


fullsizeoutput_1f.jpeg

お買い物も結構大胆にしてたりします。
カードの請求額が怖い。。。(^^;


fullsizeoutput_131.jpeg

Gründl Hot Socks Similaがどうしても欲しくなりドイツに発注。
ここに写真はありませんが、またしてもついで買いの方が多いことに;(RのStashに記録してあります)
インスタってほんとコワイわ(笑)
あとは糸巻きを立てるやつ。(なんという名称なのかな?いろいろな言い方があるみたいですがwooden yarn caddyで検索すると出てきます。)
1つ買ってとても気に入ったのでメーカー違いでもう1つ。結局2つに増えました。
海外製品特有の仕上げの荒さが気に入らず、紙やすりで表面を整えて家具用のワックスを染み込ませました。
これで少し滑らかになり使い勝手がよくなりました。

あとは針など。
夏の暑さのせい?ほとんど使っていないNova Metalのコードが次々に外れる!
瞬間接着剤で補修するも、編んでいる途中で外れたりしたら?と考えるだけでコワイ。
やはり日本製かAddiに買い替えですかね。原点回帰。
と言いつつもattiさんのお店でHiyahiya Sharpを注文してしまった。耐久性は?だけどこの針好き。
それにしてもこちらのお店はとにかく対応が素早い!申し訳なくなるぐらい。
お値段も優しいし、大好き超オススメショップさんです。

さてさて。
先週は雑事で多忙だったので、今週はマイペースで行きたいです。
週明けからこちらも台風ですごいことになっていますが、子供達にとっても平和な一週間になるよう祈っています。

関連記事
Category : Knit
Posted by ほへと千鳥 on  | 2 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。