新橋★手芸部

小さなものをちまちまと、ほぼソックニッター日記です。

気ままにSock KAL-2015

2015011614491231a.jpg

とっちんさんの発案でスタートした気ままにSock KAL。
なんと今年で6年目に突入となりました!
こんなに続けてこられたのは、ブログを通して一緒に編んでくださった
とっちんさんのおかげに他なりません。
今年も、らしくゆるゆると楽しんで編んでいきたいと思っています(^^)
よろしくお願いします。


さてさて、今年の第一弾は長男への誕生日プレゼントです。
親の心配を余所に手編み靴下をとても気に入っているようで、
今後も少しずつ増やしてやりたいものです。

パターンはまたしてもVanilla Latte Socks。
シンプルながらも履いて良し、編んでも良しの靴下。



20150116144916029.jpg

針と糸はこの組み合わせ。
実はKarbonz、自分にはまだ使いこなせていない感じ。
きゅっきゅっ、という感触に早く慣れなくては。
糸はOpalで。
随分前に購入したものですが、気に入りすぎて中々使えずにいたもの。
良くない癖です(^^;;

間に合うように頑張ります。

関連記事

Category : 靴下編み
Posted by ほへと千鳥 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

kinomi says..."お気に入りすぎて。。"
千鳥さん、こんにちは。
「糸玉の状態が好き過ぎて...」って、私もよく言うのですが
編み物をしない人が聞くと、とてもオタク発言みたいで、
妹などに「好きなら早く編めば?!」と驚かれます。(*^_^*)
この糸玉がどんな靴下になるのか、見せていただけて幸せです。

星の王子様で編まれたカウル、とてもかわいい!
糸とデザインがベストマッチですね。

私も「同じ物を2足編むのが辛い」なんて言わずに
今年は靴下に再チャレンジする事にしました。
(欲しい欲しいと思っていても、こればかりは自分で編むしかないですよね。)
千鳥さんの素敵な写真で、モチベーション上げていきます!!
2015.01.19 15:42 | URL | #qsvP4ThM [edit]
ほへと千鳥 says..."kinomiさんへ"
なるほど〜(笑)
ニッターの間では糸を愛でることは普通なのですが、
知らない人からみたら奇妙なのかもしれませんね(^^;;
私もよく玉やカセをなでなでしているのですが、やはりアヤシイと思います。自分でも(笑)

kinomiさんのチャレンジ精神、諦めの?境地、
自分にもすごく分かるような気がします。
今年の初めに長年離れていた絵や字をかくことをまた始めよう!と思い立ちましたし。
見る前に跳べ!な気分という感じなのです(^_-)
私もkinomiさんの美しいブログからインスピレーションを頂いています!
2015.01.19 17:10 | URL | #- [edit]
とっちん says...""
今年もゆるだら~~に編みましょうね♪よろしくお願いしますm(__)m

私には目に痛い内容だな~(;´・ω・)
気に入りすぎて、編むことが出来ない糸がたくさんあります(笑)
Karbonzは使い安いので気に入ってますが、最近ご無沙汰なAddiさんを優先的に使ってますね。

カタッポずつしか編んでない靴下が、またまた増えてきました。
ちょっと箸休め的に、Sockshead Hatを編みましたが、次はBraid Neck Scarfを編まないと。
Pashiminaで編んだのが、全て旅立ったので自分用です。
少し、改良しようかと思っています。
2015.01.26 01:40 | URL | #aWKk4THk [edit]
ほへと千鳥 says..."とっちんさんへ"
こちらこそ、いつもお世話になっています。
今年もゆるダラ〜でいきましょう(笑)

カタチになっていないお気に入りの糸はまだまだありますよ!(^^;;
単に編む手が追いついていないということもあるのですが…。
あと、いざという時ちょうど良い糸がないと困るので、
ある程度手持ちがあった方が良いような気もします(^_-)

やっとkarbonz慣れてきました!
黒い部分の持った時の柔らかい感じがなんとも言えないですね!
冬は特にそう感じます(^_-)
少しお値段が高いのがネックですが、他の号数も欲しいです。

2015.01.26 07:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shinbashies.blog71.fc2.com/tb.php/512-e3483914
該当の記事は見つかりませんでした。